FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Skypeのアイコンがタスクトレーにいつのまにかでなくなった

Skypeを使っているので、通知がきたときにわかるように、Skypeのアイコンをタスクトレーに表示しておくようにしているのですが、いつのまにか表示されなくなり、隠れているインジケーターの部分に置かれるようになっていました。
しかし隠れているインジケーターの部分では通知がきても見えないのでこれでは困りますね。

通知領域アイコンのカスタマイズを使って、Skypeを「アイコンと通知を表示」に変更しても、その時はタスクトレーに表示されるのですが、次にPCを起動するとまた表示されなくなっています。

仕方がないので、Skypeの「サインイン中はSkypeをタスクバーに表示」をチェックして、大き目のアイコンをタスクバーに表示している状態です。

原因はよくわからないのですが、Windowsの4秒ルールというのがあるらしく、起動に4秒以上かかるソフトはタスクトレーに置かれなくなるようなことがあるらしいので、その影響かもしれません。
また通知領域アイコンのカスタマイズでは、Skypeのインスタンスが2つあって、アイコンがついている方は「通知のみ表示」なのでトレーにでないのですが、アイコンのついてない動いてないらしい方のSkypeのインスタンスは「アイコンと通知を表示」になっていて、なにかおかしなことになっているようです。


ところがあるときSkypeの設定が「コンピュータ起動時にSkypeを起動」にチェックが入ってないのにSkypeが自動起動しているのを見つけました。ここは以前チェックを入れていたはずですが、いつのまにかチェックが消えていました。

ここにチェックがないのに、なぜ自動的にSkypeが起動しているのかわかりませんが、PC起動時にはSkypeが起動してなくてログイン時に何か別のものがSkypeを起動しているということなんでしょうか。

とりあえず「コンピュータ起動時にSkypeを起動」のチェックを入れなおして使ってみたところ、今のところタスクトレーにSkypeのアイコンが出たままになっています。

ではなぜ「コンピュータ起動時にSkypeを起動」のチェックが消えていたのかということですが、このPCにはウイルスバスタークラウドを入れているのですが、先ほどPC起動時にウイルスバスターがでてきて、PCの起動を短縮しますといった画面を出してきたので、OKしてみたところ、「4秒はやくなりました」と表示されたところ、もしやと思ってSkypeの設定画面を見ると「コンピュータ起動時にSkypeを起動」のチェックが消えていました。

ウイルスバスターがSkypeをPC起動時に起動しないことでPCの起動時間を短縮したということなのでしょうが、その影響でSkypeをアイコンがでなくなる現象になったということなのかもしれません。

スポンサーサイト

続WindowsXPのサポートが終了

WindowsXPのサポートが終了して一週間たちましたが、
相変わらずXPはWindowsのアクセスの中でN/Aについで2位になっていますね。
なんかあまり変化がない感じです。
XPやめる人はとっくにやめてて、使い続ける人はずっと使うつもりなんでしょうかね。
今後も注意して推移を見たいと思います。

WindowsXPサポート終了

WindowsXPのサポートが終了しますが、
ここのアクセス解析によると、うちのサイトでは、全体のアクセス数のうち、
UserAgentでXPとなってるのが4分の1くらいを占めてるんですよね。
Windows自体のアクセスに(N/A)というのが半分以上ありますので、
XPの占める割合はもっと多いかもしれませんね。
みなさんなかなかXPから離れられませんよね。
4/9日以降どうなっていくか、時々気にしておこうとおもっています。

MyDocomoにログインできないように見える現象

ドコモの料金確認にMyDocomoをよく利用するのですが、先日そのMyDocomoがリニューアルしました。
さっそく料金確認をするためログインしようとしてみましたが、
なぜかログイン前の「ようこそゲストさま」トップページに戻ってしまいます。
ID,PWを間違えているかと思って何度やっても同じです。
Cookieを消してやり直しても同じです。
OSはWindowsXPブラウザはChrome最新版(33.0.1750.117 m)です。
なぜかIE8でやるとちゃんとログインできるんですよね。

それで、よくよくみてみると、ログインに失敗しているというよりは
ログインしたけどログインしてないふりをしているだけのようにみえます。
ためしに、料金確認のページに移動すると、なんと、ちゃんと名前と料金がでてきます。
それではと、元のトップページ画面に戻ると、「ようこそゲストさま」になります。

それでURLをよく見ると
「ようこそゲストさま」のトップページは
https://www.nttdocomo.co.jp/mydocomo/
ログイン画面は
https://www.mydocomo.com/dcm/dfw/web/pub1/corp/auth/login.html
料金確認は
https://www.mydocomo.com/dcm/dfw/bis/guide/ebilling/gkfap001.srv
となっていて、ログイン画面と料金確認画面のドメインが
www.mydocomo.com なのに、トップページのドメインがwww.nttdocomo.co.jpなんですね。

これってクロスドメインのCookieの問題なんですかね。
Chromeの設定をいじってしまったのかもしれませんが、よく覚えてないです。
FAQとかに、こういう事例をのせておいてくれてもいいのに。

とりあえず、ドコモに問い合わせメールしたところ、

リニューアル後のMy docomoをご利用いただく場合には、「Internet Explorer 8/9」を推奨しております。
恐れ入りますが、推奨環境を満たしていない場合は、正しく動作・表示しないことがございますので、
何とぞご理解のうえ、ご了承くださいますようお願いいたします。

といった紋切り型の回答がきました。
いまどきIE8,9推奨でそれ以外は動作保証しないとか、ありえないような。。

まあ、いまのところ、料金確認はできるので、困らないのですが、
不特定多数の人が使う場所で、誰かがこれやってしまって、
ログイン失敗したのだと思って、放置してたら、別の人が勝手に使ってしまったとか
考えられるので、なんとかしてもらいたいものです。

PoderosaでWrong key formatがでる場合

Poderosaでssh2の公開鍵を使って接続する場合に、もらった鍵ファイルでは
「Wrong key format」というエラーがでて接続できない場合があります。
それは鍵の形式が違うようなので、変換する必要があるということです。
その方法を備忘録として残しておきます。

・Puttyのサイトにいって、puttygen.exeをダウンロードする
  http://www.chiark.greenend.org.uk/~sgtatham/putty/download.html
 にあります。

・puttygen.exeを起動し、「Conversions → Import key」で
 元の鍵ファイルを読み込む。

・「Conversions → Export SSH.com key」で適当なファイル名をつけて保存する。

この保存した鍵ファイルを使えば、めでたく接続できました。
プロフィール

chattera.net

Author:chattera.net
フリーでソフト開発の仕事をしています。
自作したこのチャットシステムは、何か世の中に役に立つこともあるかと思いますので、お呼びがかかるとうれしいですね。

連絡先は chatteranet@gmail.com です。

また、ソフト開発関連のお誘いもうけたまわっております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。