FC2ブログ

FLASHでSocket通信プログラム(Read)

次にFLASHでSocket通信のReadです。
このチャットシステムでは、一つの発言や、コマンドは、改行によって区切られて、行ごとにまとまっています。
したがって、Readでは、まず送られてきたデータを改行で区切ります。
そして、それぞれをJavaScriptに渡すことになります。


private function receive_data(event:ProgressEvent):void
{
try
{
var av:uint = socket.bytesAvailable;
var byteArray:ByteArray = new ByteArray();
socket.readBytes(byteArray, 0, av);
var str:String = byteArray.readUTFBytes(byteArray.length);
var arr:Array = str.split(/\n/)
for (var i:int = 0; i < arr.length; i++) {
var str2:String = arr[i];
callJS("recv", str2);
}
}
catch ( e:Error )
{
}
}



この関数は、プログラムの最初で
socket.addEventListener(ProgressEvent.SOCKET_DATA, receive_data);
によってSocket受信時に呼ばれるように登録されています。
callJSはJavascriptを呼び出す関数です。
これについてはまた後ほど。

http://chattera.net/
http://chattera.net/chaberilist.php

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chattera.net

Author:chattera.net
フリーでソフト開発の仕事をしています。
自作したこのチャットシステムは、何か世の中に役に立つこともあるかと思いますので、お呼びがかかるとうれしいですね。

連絡先は chatteranet@gmail.com です。

また、ソフト開発関連のお誘いもうけたまわっております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR