FC2ブログ

Windows7 64bitのVisualC++6.0でデバッグの中止をするとプロセスが残る問題

Windows7 64bitのVisualC++6.0でデバッグの中止をするとプロセスが残るという問題があって
残ったプロセスはタスクマネージャでも終了しないので、
VisualStudioを一旦終了して再起動しないといけないという厄介なもので、
どうしたもんだろうと悩んでいたのですが、解決策がありました。

http://blog.livedoor.jp/hayaokitaro/archives/51891919.html

こちらも参考にしてください。
http://social.msdn.microsoft.com/Forums/en/vsdebug/thread/a9914982-ff0f-4981-b1f3-f0c936fec74e


これによるとDr.Hoibyという人が作ったパッチをあてたTLLOC.dllを入れ替えるといいみたいです。
適用条件はSP6があたっていることです。

試しにやってみたらちゃんとプロセスが終了してくれました。
世の中はまだVisualC++6.0を現役で使う人が多いんですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chattera.net

Author:chattera.net
フリーでソフト開発の仕事をしています。
自作したこのチャットシステムは、何か世の中に役に立つこともあるかと思いますので、お呼びがかかるとうれしいですね。

連絡先は chatteranet@gmail.com です。

また、ソフト開発関連のお誘いもうけたまわっております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR