FC2ブログ

SELinuxの罠

ここのVPSでなくて、開発するときにvmwareでCentOSを使っていたときのことです。
別PCのFlashDevelopで更新したswfファイルをアップロードしてブラウザで画面を表示しようとするけど、表示できないことがありました。
修正が悪かったのかと思って、修正を少しずつ元に戻していっても、一向に表示できない・・・
結局元のソースにまで戻ったのですが、それでもやはり表示できない・・・
ブラウザのキャッシュに何かあるのかとか、FlashDevelopの設定を変えてしまったのか等いろいろ悩んだ挙句、SELinuxの設定のせいだとわかりました。
SElinuxだと細かくアクセスコントロールを設定しないといけないので、scpでアップロードしたものを所定の場所に移動しただけだと、表面上の所有者は正しくても、SELunix的にはapacheからアクセスできないようになっていました。
しかたがないので、SELinuxを使わないようにしてしまいました。。。
難しいですね。

ちなみに
■今すぐSELinuxを切る
echo 0 > /selinux/enforce
■次回起動時からずっとSELinuxを切る
/etc/selinux/config で SELINUX=disabled

http://chattera.net/
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chattera.net

Author:chattera.net
フリーでソフト開発の仕事をしています。
自作したこのチャットシステムは、何か世の中に役に立つこともあるかと思いますので、お呼びがかかるとうれしいですね。

連絡先は chatteranet@gmail.com です。

また、ソフト開発関連のお誘いもうけたまわっております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR